本文へスキップ

養育家庭

「養育家庭制度」をご存知ですか?


 「養育家庭制度」とは、様々な事情で親と暮らせない子どもを家庭に迎え、養子縁組を目的とせず、一定期間家族
  として一緒に生活し、養育する公的な制度です。

 Q. 養育家庭になるための要件は?
 A.●都内にお住まいで25歳以上65歳未満のご夫婦が対象です。
    配偶者がいない場合でも、主たる養育者が25歳以上65歳未満で、子どもの養育経験または保健師、看護師、
    保育士等の資格があり、主たる養育者を補助できる20歳以上の家族が同居している方も対象となります。
  ●居室が2室(10畳以上)あることも必要です。

 Q.どんな子どもを預かるの?
 A.親の離婚、家出、病気、虐待などの理由で親や家族と一緒に暮らすことが出来ない0〜18歳までの子どもです。

 Q.期間はどのくらい?
 A.原則として1カ月以上です。
  ・2年を超える場合、2年ごとに子どもを継続して預かるかどうかの確認がなされます。
  ・短い期間であれば…という方には、養育していただく期間が2か月以内と見込まれる子どもや、他の養育家庭が
   預かっている子どもを数日預かるという場合もあります。
 
 Q.養育に必要な費用はどうなるの?
 A.子どもを養育している間は、子どもの生活費と里親手当が支払われます。

 Q.養育家庭への支援はあるの?
 A.児童相談所が中心となって支援を行います。
   養育家庭同士が集う機会があります。
   児童相談所業務を行う民間の専門機関や乳児院、児童養護施設の専門職員もサポートします。
  バットホームでは・・・
   職員研修で養育家庭の皆さんと一緒に養育についての知識や技術を学んだり、行事に養育家庭の方々を招いて
   交流する機会を設けています。詳細はお知らせに掲載させていただきますのでご覧ください。

 ★「養育家庭制度」についての詳細は、東京都のホームページをご覧下さい。
 ★「養育家庭制度」に関するお問い合わせは、各地域の児童相談所、又は当施設の里親相談専門員までお願い致し
   ます。(お申し込みは各地域の児童相談所での受付となります。

【募集】


フレンドホーム募集(若干名)のお知らせ
フレンドホームとは、様々な事情により家庭で生活できない児童養護施設の子どもを週末や季節ごとに数日間お預かりいただき、家庭生活体験をさせていただくための東京都の制度です。
フレンドホームにご登録していただくためには、都内在住、65歳以下、養育者が2人いることなど若干の条件があります。関心のある方は、ぜひフレンドホーム担当職員までご連絡ください。

пF042-797-1371
担当者:里親支援専門相談員 篠塚



お知らせ
“みんなあつまれ”参加者募集
 次回 2017年9月23日(土)14:00〜16:00
〜新聞紙で遊ぼう〜
 参加を希望される方は、里親支援専門相談員(篠塚)までお申し込みください。
 (小学生以上のお子さん対象のプログラムです)
“みんなあつまれ”は、ゲームや工作、クッキングなどをバットホームの指導員が企画して行うグループワークです。みんなで楽しく過ごしましょう!たくさんのご参加をお待ちしています。